ちゃつぼのセイヴァー攻略

ヴァンパイアセイヴァーの攻略やります

その他のキャラ対 2

サスカッチ

誰もが認める強キャラのサスカッチですが、立ち回りは意外と小回りが利かないので、初手は取れる方だと思います。しかし立ち回りの優位が取れても1ミスから中段連打とか割り込みブランチで6割ぐらい飛ばされて、気付いたら負けてることが多いです。攻守が交代したときのとっさの防御が大事だと思います。

・ずらすのは苦手

宙に浮いてるサスカッチダッシュは地上のダッシュほど自由にずらすことができないです。ジャンプ攻撃も軌道が変化したりしないので、他のキャラと戦う時よりもAGを狙えるポイントが多いと言えるでしょう。

・ファジーガードも大事

ファジーガードも大事です。そもそもガードしないとAG出来ないので。ショートダッシュと最速小足チェーンの2択だけで崩されていては勝負が始まらないです。

・ロング二段の抜け方

ロングダッシュ小p→中pからまたロングダッシュ小p→中pを繰り返すロング二段固めは、サスカッチ側の操作は簡単なのにこちらからは割り込むことが出来ず、AGしてもロングダッシュの慣性でまた距離が詰まってしまうので強い連携です。どうしても抜け出せない時は、最初のロング小pをAGして次の中pをAGし、その次のロング小pをAGしましょう。…なんとかなります。


★ザベル

徒歩さんがツイッターに上げてた攻略が詳しかったので、そこから外れることは書かないです。ザベルは攻撃力が最強なので守り切るのは諦めましょう。殺すしかないです。そのためにザベルの防御手段に対して対策を完璧にすることが必要だと思います。

・入れっぱを狩る

ザベル最強の防御技は(色々あるんですがとりあえず)入れっぱです。入れっぱなので必ず最速入力になる上、ジャンプ予備動作の時点で下段無敵になり、入れっぱ虫ドリ(ダルシムのドリルみたいなやつ)を当てればガー不にいけるというとても強い技なので、ザベル使いは最初みんな狂ったように入れっぱし続けます。ジャンプ攻撃のあとや起き攻めのあとなど、様々な有利状況で割り込まれない連携を決めることが他の組み合わせ以上に大事になるでしょう。特にザベルの起き上がりモーションは見にくいので練習してないとまずいです。

・ヘルズゲートも狩る

ザベル最強の防御技その2、ヘルズゲートもなんとかしましょう。1F目から無敵になって、どこかに行ってしまうので、僕は「あ、相手ヘルズ狩れないじゃん」と思ったら一生ヘルズゲートし続けます。対処法としては攻めると見せかけて後ろに下がるのが基本です。その他にフェリシアみたいなえぐいバックダッシュを持っているキャラは、チェーンにバックダッシュを仕込んでヘルズされた時だけ後ろに跳ぶように出来るみたいです。

その他ザベル最強の防御技その3「ESGC」、ザベル最強の防御技その4「AG入れっぱ」、ザベル最強の防御技その5「立ちコパガー不」、ザベル最強の防御技その6「デスボルテージ」があるんですがまあなんとかしてください。

・ガー不が決まりやすいポイント

ガー不はガード出来ないのでガー不を喰らう前の「空中で吹き飛ばされる」という状況になってしまったら詰みです。よってガー不の対策は「いかにガー不が確定する空中吹き飛びやられにならないか」に尽きると言っていいでしょう。主なガー不に繋げやすい技を4つ挙げます。

(1)ジャンプ中pとかジャンプ中kとか

空対空でザベルに負けるとそのままガー不を決めらてしまいます。ザベル側も空対空からまとまったダメージが取れるとおいしいのでいつも狙っているんですが、上手い人ほど「ザベルに空対空で負けない」対策を徹底しているような気がします。間合いや状況を見切って空対空で勝てない時はボタンを押さないという判断が出来るのかもしれないです。

(2)虫ドリ

虫ドリは地上で喰らっても吹き飛ばされるので地上にいる時に注意したい技です。主に入れっぱから虫ドリを出すか、密着有利でずらすために空中ダッシュ虫ドリを出します。暴れをさせないようにして、入れっぱ虫ドリをさせないようにしましょう。密着のずらし虫ドリは割としょうがないです。

(3)画面端前小p

画面端に追い込まれると、前小pで入れっぱ狩りしてからガー不が重なるようになります。まあしょうがないです。

(4)くぐり小p

前ジャンプをザベルが地上ダッシュでくぐって、後ろから小pで落としてガー不を決めることがあります。この時ザベル側は相手の前ジャンプをほぼ一点読みして対空するために前ダッシュしています(攻めたい時は空中ダッシュするので)。なので小pで対空された時は「ああ、跳びが読まれてしまったのだなあ」と思ってください。読み合いの結果なので特に対策とかは無いです。

・遠めの不利フレームで大人しくならない

ザベルの入れっぱ狩りはほぼダッシュ小pだけで、遠くで入れっぱをされると狩るのが難しいです。読まれても安いので何かしらで暴れましょう。画面端で入れっぱすると前小pで死にます。しょうがないです。

・座高が低いキャラは吹き飛んだらしゃがむ

座高が低いキャラはしゃがむとガー不の難易度が高くなります。

・その場起きしてしゃがむ

ガロンやバレッタなどの「その場起きと移動起きがほぼ同じタイミングのキャラ」は起き上がりにその場起きしてしゃがまれると、ザベル側はかなり面倒です。この選択肢を持っているかどうかでかなり読み合いが変わってくるので一度試してみてください。