ちゃつぼのセイヴァー攻略

ヴァンパイアセイヴァーの攻略やります

起き攻め

起き攻めのやり方を書きます。起き攻めを詰めれば、一回の崩しから2回目3回目の攻めに繋いでいって、あっという間に勝ってしまうことが出来ます。それさえできれば立ち回りとかキャラ対とか分からなくても何回かに1回勝てるようになります。


☆まずは重ねることから

最初のうちは、いきなり択をかけるより単純に技を重ねて有利を取ることを目標にしましょう。セイヴァーは崩しの択が強いので、攻めのチャンスを増やせるだけでもかなり大きいです。全てのキャラの全ての起き上がりに何かしらの技を重ねられるように練習しましょう。フレーム表で起き上がりタイミングの数字を覚えておくと、「このキャラはさっきのキャラより○フレームその場起きが遅い」みたいに判断できるので便利です。キュービー、ザベル、サスカッチビシャモン、ジェダのその場起きはやたら早いので気をつけましょう。


☆起き上がりを読む

相手の起き上がり方向が読めなくて攻めが終わってしまうというときは、ダウンを取った時の位置と相手キャラの起き上がり性能を考えて読み合いましょう。後ろのスペースに余裕があるときは後ろ起き、画面端が近いときは前起きをしてくることが多いです。その場起きと移動起きに時間差が無いキャラはその場起きのメリットが小さいのであまり使ってきませんが、その場起きの方が移動起きより早く起き上がれるキャラはその場起きを使ってきます。まあ結局読み合いなので上手い人には通用しないですが。


☆特別な起き攻めを用意する

同じキャラを長い間使っていて、さらなる力が欲しいぞって人は自分のキャラや相手のキャラに合わせて起き攻めの選択肢を増やしていきましょう。自分が知ってる範囲で強い動きを書いておきます。

⑴相手キャラに関係なく使えるやつ

・前起きを待って表裏択

相手の前起きを読んだ場合、前起きの移動地点で待つことになりますが、このときに歩いてすれ違えば表裏択をかけられます。裏から重ねると両ガード可能になってしまうので裏択のときは遅らせるようにしましょう。

・その場起きに歩いてすれ違う

その場起きする相手に密着して前歩きし続ければ、裏に回れます。歩きが遅いキャラは無理かも。

⑵その場起きと移動起きの時間があまり変わらないキャラ用

・その場起きと前起きの間で待って両方に重ね

その場起きと前起きの移動地点の間で技を振れば、両方の起き上がりに対して技を重ねられます。

・その場起きと前起きの両方に中段を重ねる

ザベルで相手に密着してバック中段をすると、両方に中段が重なります。画面端なら中段と下段の二択を全ての起き上がり方向に重ねられます。サスカッチのショート大kでも出来るキャラには出来そうです。

⑶その場起きと移動起きに時間差があるキャラ用

・その場起きに重ねて移動起きを追う

その場起きに中段などの隙の少ない技を重ねたら、移動起きされても有利な状況を維持できます。

・その場起きに追い討ちをして移動起きを追う

後ろ起きを読んで追いかけたいけど、その場起きで早く起き上がられて暴れられるのが怖いってときに使います。その場起きには当たって移動起きには当たらないタイミングでダウン追い討ちを出すと、簡単に移動起きを追えて、その場起き暴れを喰らわなくなります。

・ジャンプして相手が動いてから空中ダッシュ

自分がザベル、レイレイ、キュービーのときに使えます。その場起きの位置にジャンプして、空中で相手の起き上がり方向を見てから空中ダッシュで追いかけます。たぶん重ならないですが相手の起き上がり方向にかかわらず有利を取りにいけます。